読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いち押し!!?働きかけがセールに関係なしの安さ~!

感謝しかありません。凄く参考になりました。ブログも拝見しています。

早速ご紹介!

2017年03月28日 ランキング上位商品↑

働きかけ不登校は1日3分の働きかけで99%解決する [ 森田直樹 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

行き詰まりを感じ、悩んだ結果、「あっ、本人に自信がないんだ!」と私が気付いた時、ネットで、「自信の水」にヒットし、この本と出会いました。(反対に年の離れた低学年の下の子をたくさん目の前でほめてました。本人は!「学校に行きたい!でも!どうしても行けない。ゴミ箱を蹴る!椅子を破壊する等の大暴れもしましたが!30日目には登校を開始。4/10で30日延長を含めたトレーニング終了しましたが!人は3ヶ月でこんなにも変われるものか と思うほど!子供は変わりました。基本的に、子供に自信を付けさせる言葉掛けをするという内容です。小学4年の息子が夏休みあけから不登校気味です。5年生3月から4ヶ月間、不登校の本、コーチングの本、ネットで情報集める、等、手探りでやってきました。そして学校に行きたいって言った。また、授業中に困っているクラスメイトを助けたり 授業で発表して積極的に関わっている事、係の選出にも積極的に関わっている事を、毎日話してくれます。一週間続けて息子は変わってきました。小4の娘は!転校を機に「行き渋り」がみられるようになりました。承認の言葉がけを続け怒るのをやめ!笑顔が増え落ち着きました。この病気は精神論ではないと言われますが!息子は精神面の抵抗力も弱いように感じます。ありがとうございます。言葉がけ!とても効果あると思います。どう親の愛情を伝えれば良いか書いてあるので実践しストレスに負けない心を育ててみようと思います。届いたその日に!読み!即実行。もちろん!行けない日もありますが!コンプリメントの成果は十分にあります。最近!小学6年の息子が起立性調節障害で投薬治療しています。この本と先生に出会っていなければ!まだ不登校にどっぷり浸かったまま待ち続け!不安な毎日を送り!わずかな成長もなかったと思います。読んでいると自然と涙が出てきます。。今!子どもは不登校から抜け出そうとしています。焦らずじっくりいきます。子供に関わる人全ての方に読んでいただきたいです。正しい方向へ進んでいると信じることができます。まだ小6という事もあるかもしれませんが!自信!肯定される自分がいかに大事なのか体験しました。読みやすく分かりやすく!私も子供も少し前向きになれました。ありがとございました。甥っ子の為に購入。もっと早く出会いたかった本です。これからもよろしくお願いします。お勧めします!中学1年生の6月中旬から起立性調節障害と診断され朝からの吐き気と頭痛とめまい!腹痛などで学校へ行くのがままならなくなりました。届いた日に実践、まず子供が喜びました。息子の場合は血圧低下で身体の不調訴え学校に行けない日が続いてます。この本によって又周囲の人の助言もあいまってそれに気付く事が出来て良かったです。色々考えさえれました 何度も読みました読んでよかったです小6男子の母です。私も!本当に勉強になります。いい事書かれていてこれからの子育てに役立てたいです。これからも子供は自分の力で乗り越えるべき壁を、自分の意志で解決していく事が出来ると思います。まだ初めて2日ですが、娘が、朝泣かなくなりました。不登校から脱出の兆しが出た子は、一助的に暴れることがあるという情報など、色々と示唆に富む内容でした。不登校の子供に限らず子育てされてる方にもいいと思います。まさにコップの水が空っぽだったんだと思います。不登校以外にも!子育てに不安や迷いのある親には一読の価値があります。長い目で楽しみです。愛情のある本です。何とか登校させようと あの手この手を試みましたが!とうとう中1の12月には不登校状態になりました。さらに追記です:運動会!出席!その後!一進一退!二退一進を繰り返しながら登校に向かい!学校にいる時間が少しずつ長くなってきています。本のレビューと森田先生のブログを全部読み!もうこれしか無い!と藁をも縋る思いでトレーニングを申し込みました。ただ生きているだけでも自分には価値があると感じさせる!とも言えます。起立性調節障害になってから登校できず買いました。待つのでなく手助けし早く学校に戻してあげたいです。悩んだり今までの子育てを振り返ったり、子供の精神面でどう関わっていけばいいか考えている中、この本に出会いました。でもそれは同時に、「上手に出来ない自分には価値がない」と教えることでもある(…という内容は本書には書いてありませんが、私はシュタイナーの教育論から学びました)。トイレトレーニングでも勉強でも!うまく出来たら褒めて早く上手に出来るように仕向ける。本当にありがたいことです。そして20日目に1時間のみ、その2日後に5時間目のみ、念願の登校ができました!そのまま夏休みに入ったので、実行し続けていくつもりです。ゲームも完全に切り離しました。1年生の子供が転校後不登校になり!数日は物を投げたりあばれたりし!藁をもすがる思いで購入し読みました。治療として同時期にいろいろ試したので何がよかったのかわからないのですが親の心構えとしてはこの本があって助かったと思いました。簡単に読み進められました。とにかく、学校を通して人間が成長する意味を、・・・実感できるすばらしい本です!これからも、まだまだ勉強させていただきます。昼夜逆転し形相まで変わってしまった子供でしたが、メール相談では「放っておいたら治ります」と返信をいただきました。私自身も救われています。私もまだまだ学び中です。)こちらの本に行きついて息子の心のコップにたくさん水をためてあげようと思い、コンプリメントを始めてから2週間ほどして「具合は悪いけど明日から行くと決めた。「信じて共感する」はとても大切な事だと気付かされました。森田先生、本当にありがとうございました。漢方、小児鍼、整体、サプリメントなど良いといわれるものをいろいろ試してみましたが一進一退のような感じでスッキリはしない日々でした。ずっとほめる子育てをしてきていたのですがやはり中学生くらいになると体も大人以上ですしできてあたりまえのような感じでいたことに気づきました。よろしくお願いします。感謝の一冊です!追記です:2学期が始まりました。一進一退!三歩進んで二歩下がる を繰り返しながらも!丈夫な根が育っている実感はありました。また!私を試すために色々な仕掛けもしてきましたが!その都度メール相談で対応をご指導いただけたため!焦りも不安も無く乗り越える事ができました。続けることで効果があると信じて星5つです。今は行きはじめて3週間がたち、朝の具合が悪い加減もだいぶ良くなってきて勉強も集中することができるようになったと言ってました。「学校に行きたい!でもどうしても行けない。不登校を自らの力で克服した事がとても嬉しい様子が伺えます。子どもが成長し自立した大人になるために!子どもの未来のために!これからもよろしくお願いします。:小学校の先生にプレゼントさせていただきます。読んでいて!涙がでました。簡単なことですが出来ていなかったことがたくさんあり、子育てに悩んだときに勇気をくれた1冊です。4日目には、兆しを感じました。始業式、登校!二日目以降、運動会を目標に、体育中心に出席できるよう本人頑張っています。自分の子は不登校ではありませんが、何故不登校が増えているのか知りたくて購入。朝も自分で起床・身支度をし登校していく姿は、当たり前の事なのですが、この事に長い間悩んでいたのかと思います。ゲーム・テレビが無くても何一つ文句を言わず!自らの意志で行動できる日が来る事は!このトレーニングを始める時には想像もしていませんでした。」この苦しさ、辛さ、母として何とか助けてあげたい。ただ、ただ、感謝です!トレーニングも、家庭内ででき、メール・電話ですぐに相談できるので、自己流とは、安心感が全く違います。」と自分で決め学校に行くようになりました。良かったです。夏休み中にも生活をなるべく後ろ倒しにしないようにして起きる時間を早めたりと工夫をして新学期を迎えた頃にこちらの本を読み両親で取り組みをしました。内容は・・・。なんとなくわかっていたことが明確になったことかな〜。不登校関連の本を読み漁り、高額なDVDも購入しましたが、具体的にどうすればよいのかが分からずに、親の私には焦りと不安しか残りませんでした。娘のことで興味があり購入。病院では2か月で身長が6cm伸びバランスをくずしたのかな?との診断でした。本人が一番苦しそうで親としても切ない気持ちで見守ってました。子育ての見直しや!子供に対する接し方!声掛けの仕方などすごく参考になりました。今では私も子供の行動をただ見守るだけ、何か言ってきた時には「あなたも大変だね」と言うと笑顔を見せ、子供も私も穏やかになりました。翌日午後短時間だけど登校しました。本書に書かれていることは簡単だけども続けるには根気がいりそうです。今日は4/19!今週は月曜日から勉強スイッチが入り「僕は水曜日から宿題以外の学習も始めるよ」の予告どおり「理由は分からないけれど勉強がとても楽しくなった」と毎日自ら机に向かっています。まだ結果は現れてませんが、子育ての見直し、参考には確実になるはず。この本もそのうちの1冊でしたが!2ヶ月ほど色々な方法を探っていましたが状況は一向に回復しません。」という子どもさんのお母さん!一緒に頑張りましょう!今は!そんな心境です。良い本ではありますが、このままで良いのか分からず、かといってトレーニングを受けるには数万円では足りず…現在中2の息子が小6の1月頃より登校渋りをはじめました。普通は!褒めるというと「大人にとって都合がいい行動をした時に褒める」傾向がありますよね。