読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェーンがどこよりも安い~!

またそんな無数の意識の欠片にすぎないような自分自身の意識や想念が行う選択や想像が!無数の意識に干渉し!新しい意識!環境!!そして宇宙や他の存在にとっての神々のようなものまで生み出しているという驚愕の情報です。そしてそれは肉体的知覚に対する反応が余りにも強すぎて意識が幻想を絶対的真実だと思い込んでいるのだと。ラー文書と共に古典チャネリング本の代表格ですが、何故か日本ではパッとしません。

こちらになります!

2017年03月28日 ランキング上位商品↑

ジェーンセスは語る [ ジェーン・ロバーツ ]

詳しくはこちら b y 楽 天

実際三十年以上前に出版されているのに私も!最近まで読む機会がありませんでした(汗)流れ的には米国でディスクロージャー活動をしているコーリーグッド氏のHP([...])でラー文書に出てくるラーという存在は!近年自分達の過去のカルマを精算するために太陽系に舞い戻ってきた古代ビルダー種族(スフィアビーイング)との関連が濃厚だということで!ラー文書を読み!そこからセスに行き着きました。そして魂とは今この瞬間も各々同時に存在し、知覚し、学習し、さらなる進化を遂げようとしている無数の意識の統合体(但し我々が死んでも今の個性や個別意識は消えないそうです)だということです。精神世界全体を述べており、且つ自己実現の法則を表現しています。すごい本です。さて本題ですが、端的にいううと魂のお話ですが、実は我々の大本の魂は、この三次元の現在という瞬間だけに存在するのではなく、過去・現在・未来はおろか、我々が目視できない無数の並行宇宙(勿論そのなかの過去・現在・未来)にも魂の根っこに当たる、意識を張り巡らせています。普通の本にすると2〜3冊分の厚みがあるので、この価格でもあまり割高感を感じませんでした。さっと読める部分もありますが、言葉の使い方や言い回しが難しい・直ぐには理解しづらい概念がある・本が厚く字が細かい等々・・・と言う意味での☆4つです。欲を言うなら!せめて上下巻二冊ぐらいにわけてもらった方が!読みやすいですし!持ち運びなどにも便利かな!という気も。最後にセスが語る善悪と世界改変の結論を書きます(非常に重要です)世界を変える試みは「自らの現実は自分の確信や信念の本質に忠実に創造されている」!さらに「ありとあらゆる存在はすべて神聖である」!そして「ありとあらゆる存在のすべてに悪は存在しない」というあなたがたの根本概念の上に成し遂げられるのです。そして我々の認識できている現実や宇宙というものは、実際は我々の意識が作り出しているものであり、意識に応じて常に改変されているということです。だからセスは我々が現実だと思っているのものを幻想(イリュージョン)だと指摘しています。精神世界の書籍がブームになる当初にこの本が書かれ、米国にて出版されていたことへの驚きを禁じえません。この本の内容を更に良く理解をするためには他の精神世界の書籍を何冊か読まれてからの方がいいかと思います。。この本は読む人の理解度によって評価の分かれるところだと思われます。近い将来に幸あれ!!!(^^)今迄、かなり沢山のスピリチュアル関連本を読んできましたが、1番難易度が高く感じられました。世界と!ありとあらゆるすべての存在は!善として知覚されるようになるのです。ただし!このような本は個人の感性に拠りますので!直ちに読まれても内容を吸収される方もあるかと思います。私自身もこれから何度も読み直して咀嚼したい1冊です。スピリチュアル初心者ならシルバーバーチなどの方がすんなり心に響くでしょう。魂と知的レベルの高い方には☆5つと言える価値の高い良い本です。これからこの本の内容を実践していきたいと思います。もし、これらの概念が、個人レベルと集合レベルの両方において受け入れられたあかつきには、あなたがたの体の感覚器官にもたらす情報にも、もはや矛盾を発見することはできなくなるでしょう。